歯医者のすすめ

歯医者のすすめ

通常歯医者さんの治療は予約制

歯医者さんでは、急に歯が痛くなるような緊急の場合を除いて、通常は予約制をとっているところがほとんどです。予約制のメリットは、待ち時間を短縮させることができることや確実に治療を受けることができることなどをあげることができます。待合室も込み合うことがなく、すべてがスムーズに進みます。
歯の治療は風邪などで病院に通うのとは違い、通院期間が長くなるのが普通です。虫歯の治療の場合は最低でも2・3回、長くなると1本の歯で2か月程度の治療期間を要します。そのために一週間に一回のペースで複数回通院しなければなりません。そこで治療が終わるたびに、次回の治療日を予約して帰ることになります。
もし、何らかの事情で、予約した日に行けなくなった場合は、歯医者さんに連絡を入れてキャンセルをし、変わりの日を設定しなおす必要があります。なるべく早く変更手続きをしないと、次回の治療日までの期間が長くなってしまうので注意しましょう。


落ち着いて治療を受けるための歯医者の予約

歯医者と言えば、虫歯の痛みや歯が抜けた際いに駆け込む病院だと思いがちですが、飛び込みで来院しても治療を断られることも少なくありません。特に人気の歯医者であれば、治療を待つ患者が多く、事前に予約をしなければ診察すらしてもらえないこともあります。歯が抜けたなどの突発的なものであれば、割り込みを受け付けてくれる病院もありますが、最近の歯医者は基本的に予約制が多く、医者はいつでも手が空いているわけではないので、治療が受けられるまでに長い時間を待たされることもあるので、予め電話で予約をとっておく必要があります。病院の診療時間内であれば電話は通じるので、まずは電話で治療を受けたい旨を伝えるようにしましょう。受付の人は慣れているので、初めて利用する、治療を受けたいなど伝えれば、あとは必要事項を受付の方から確認してくれます。流れとしては、名前を伝えて初診か再診かを聞かれ、症状を伝えると希望日時を選択できるようになります。最近ではインターネットで予約を受け付けている病院もありますが、まだシステムが普及していないせいかごく一部の病院だけとなっています。


Favorite

最終更新日:2017/10/16