歯医者のすすめ

歯医者のすすめ

歯医者にとっての開業の意味について

歯医者と言えばどの町にもいる歯のお医者さんであるというイメージが多くの人にあります。実際にかつての歯科医師は大学で学んで国家資格に合格した後は、どこかしらの地域に狙いを定めて独立開業するという道が一般的な選択肢であったと言えます。しかしながら近年になって歯科医師の絶対数は増加することになりました。そのため町の歯医者と言う道は歯科医師にとっては当然の道とは言えない存在になりつつあります。
現在の歯科医療は徐々に飽和状態に向かっており、都市部の人が集まる一等地においてはやや供給過剰な状況すらあると言えます。そのため独立開業をすれば生きていける時代はすでに終わっており、どのように生きていくかを考えなければならない時代に入りつつあります。歯医者の世界も競争社会になってきており、開業する以外にも勤務医として他の歯科医師に雇われるという生き方もあるのです。その様な選択をする道を選ぶ歯科医師も増加傾向にあります。


歯医者の開業にかかる資金とは

 歯医者を開業するためには資金が必要になります。開業資金には大きく分けて設備投資資金と運転資金に分けることができます。設備投資資金はその名の通り医院の内装や外装、医療機器などの設備にかかる費用のことです。設備投資資金として場所を借りるために必要な費用、医院の内装や外装にかかる費用、医療機器にかかる費用、そして広告費用などが挙げられます。開業するにあたって忘れられがちなのが広告費用です。開業時にはホームページや内覧会の費用が必須となります。広告をあまりせず宣伝活動を行わないとのちの来院数が大きく変動してしまいます。ホームページを作り内覧会を行うことで成功を大きく左右するとも言われています。運転資金は歯医者の経営が軌道に乗るまでに必要な資金となります。歯医者を開いてからすぐに患者が大挙して押し寄せてくれば良いですが現実はそうはいきません、十分な収入を得られるようになるにはある程度の期間が必要になる場合もあり、その期間に運営していくために必要な費用が運転資金となります。


pickup

埼玉の貸倉庫

2017/9/29 更新